弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

後遺障害の事前認定とは

HOME > 後遺障害について>後遺障害の事前認定とは

後遺障害の事前認定とは

そもそも後遺障害等級を誰が決めるのか

後遺障害等級は、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所という公的な機関がその認定を行います。つまり、後遺障害等級の認定自体は、被害者にも加害者にも肩入れしない公平公正な機関が行うことになっています。
しかしながら、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所は、申請書類に添付された書面により後遺障害等級を判断しており、自らその提出された書面以外の資料を調査するなどはしていません。したがって、認定機関が公平公正であったとしても油断せずに、どのような申請書類を提出するかが重要になります。

後遺障害等級認定の流れ

後遺障害等級の申請手続きは、加害者側が加入している自賠責保険(強制加入)に対して申請書類等を提出し、自賠責保険から損害保険料率算出機構・自賠責損害調査事務所へとその申請書類等を転送される流れで進みます。つまり、この自賠責保険へ送付する書類が非常に重要ということになります。

後遺障害の事前認定とは

後遺障害の事前認定とは、このような自賠責保険・共済に対しての後遺障害等級認定の申請書類の提出を加害者側の任意保険会社が行うことをいいます。
なぜこのような事前認定が行われるかというと、それには「一括対応」という制度が関係しています。加害者側の任意保険会社は、本来、被害者が自賠責保険から受けた最低限の賠償金ではカバーできない損害について、その賠償責任を負っています。つまり、被害者は、自賠責保険と任意保険の二段階の構造により賠償金を受け取ることになります。

しかしながら、実務上は、被害者が負った治療費などの損害を一度全て加害者の任意保険会社が一括して支払うことになることが通常です。これを「一括対応」といいますが、このような一括対応の結果、加害者側の保険会社は、自らが一括して支払う、つまり自賠責保険に代わって立て替える賠償金について、後々に自ら自賠責保険に対してその支払いを求めることができます。そして、加害者側の保険会社は、後々に自賠責保険に対して支払う額を確認するために、自賠責保険に対して、後遺障害等級が認定されるかどうかを確認することができることになっています。これを「事前認定」といいます。

つまり、「事前認定」とは、加害者側の保険会社が、自賠責保険に代わって立て替えるべき賠償額を確認するため、被害者に代わって後遺障害等級の確認を求める手続きといえます。

後遺障害の事前認定の問題点

このように聞くと、本来は被害者の行うべき手続きを加害者側の保険会社が行うことを意味しているわけですから、違和感を持たれる方も多いのではないかと思います。この点が事前認定の問題点といえます。加害者側としては、当然ながら後遺障害等級が付かなければ支払う賠償金も減るわけですから、できれば後遺障害等級が付かないようにしたいという気持ちが働いても不思議ではありません。その結果、被害者が後遺障害等級の認定を申請する場合に比べれば、当然ながら、後遺障害等級の認定が付くのには不十分な申請内容になるおそれがあると考えるべきでしょう。

後遺障害等級の認定手続きは、被害者請求によるべきであるというのは、このような事前認定手続きの問題点があるからといえます。加害者側の保険会社から、「後遺障害等級の認定は、公平公正な公的機関が行うので、誰が申請しても結果は変わりません。」などと説明されたとすれば、それは大きな誤りであるといわなければなりません。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ(基礎知識編)

関連ページ(後遺障害別編)

関連ページ(受傷部位別)