弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

PTSD

HOME > PTSD

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」(Post Traumatic Stress Disorder)の略語です。交通事故の体験が精神的に大きな負担となり、心が不調になってしまうことがあります。これは、いわゆるトラウマと呼ばれているような症状のことを指し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)はトラウマによる代表的な精神疾患です。

PTSDを引きおこす原因となるのは、命の危険を感じるような深刻な事態にさらされたり、自分ではどうしようもない圧倒的な強い力に支配されたりして体験です。PTSDは、災害・戦争・暴力・重大な事故などを自らが経験、または目撃することで精神的に強烈なショックを受け、日常生活のなかで突然、その恐怖や戦慄のフラッシュバック現象が繰り返されることで、日常生活や就労が困難になることをいいます。

しかし、同じような体験をしてもPTSDになる人とならない人がいます。人によって恐怖の対象は異なるのです。また、強烈なショック体験で心に傷を負うのは自然なことです。精神的に強いと思っている人でもPTSDになる可能性があるのです。また、顕著な症状があり生活や仕事に支障をきたしていても、原因がわからないためにPTSDだと気づかずに過ごしていることも考えらえます。

非器質性精神障害とは

PTSDやうつ病といった精神的な障害は「非器質性精神障害」と言われます。器質性の障害は、交通事故で外部から力が加わったことにより、身体組織が変化を起こし、異常状態が発生するものです。一方、非器質精神障害とは、脳組織に器質的な異常が確認できないけれども、精神に異常が発生している状態のことです。

交通事故によるPTSDの症状例

それでは、交通事故によるPTSDの具体的な症状を見てきましょう。

恐怖の再体験

事故の際の恐怖が鮮やかによみがえってしまうことから、事故を再体験したような苦痛を感じることがあります。強い恐怖体験はいつまでも記憶に残ってしまう傾向があります。そして、本人が思い出したくなくても、何かのきっかけで体験をした時の気持ちがよみがえってしまうのです。

フラッシュバック

フラッシュバックといって、事故の時と全く同じ体験をしたように感じることもあります。記憶がよみがえるだけでなく、動悸や緊張、冷や汗や足がすくむなどの身体症状が同時に現れることもあります。フラッシュバック現象は前述のとおり、本人の意図しない、ふとした日常生活の中で突然現れます。
また、フラッシュバックを引き起こす原因となるような事故に関連する事柄を避けようとすることで、さまざまな症状が出ることがあります。事故後の手続きや事故の話、車に乗ることを避けるような行動を取ることがあります。また、恐怖を避けたいがために感情がまひしてしまい、恐怖以外の感情も同時に抑えられてしまうこともあります。

その他の症状

日常生活でふいに事故の事を思い出して動機などがする

感情が鈍化して喜怒哀楽が鈍くなる

乗り物に乗ることが怖くなる

眠れないことが増える

仕事などに集中できなくなる

人と関わることがつらくなる

落ち着きがなくなりイライラする

物忘れが増える

交通事故によるPTSDの治療方法

交通事故によるPTSDは、だれでも発症する可能性があります。気になる症状があるなら一人で悩まず、専門家へ相談することをおすすめします。

精神科

PTSDはノイローゼなどと同じ神経症ですので、基本的には精神科を受診します。精神科では、認知行動療法や投薬などの選択肢があります。症状によっては心理カウンセラーを紹介してもらえることもあります。

心療内科

精神科では心の病気全般を扱います。前述のとおり、PTSDなどの神経症は精神科で治療します。これに対し心療内科は内科の一つですので、本来は何らかの身体的症状に対して心と身体の両面から原因を探って治療をします。総合病院では両者がはっきりと分かれていることが多いですが、小さなクリニックなどでは精神科と心療内科の両方を掲げていることもあるでしょう。

心理カウンセラー

精神科への受診に強い抵抗がある方や、カウンセラーの方が話しやすい、という方は心理カウンセラーに相談してもよいでしょう。ただし症状によってはカウンセラーから医療機関の受診をすすめられる可能性もありますし、損害賠償請求をする際には医師の診断が不可欠です。また、心理カウンセラーは誰でも名乗れるため、必ず臨床心理士や公認心理師(2019年施行の国家資格)など、信用度の高い資格を持ったカウンセラーに相談することをおすすめします。

PTSDと損害賠償請求

PTSDは他の外傷と同じく治療費や入通院慰謝料を損害賠償請求できます。ただし交通事故との因果関係の立証が必要です。PTSDの症状が交通事故によるものなのか、日常生活のストレスからくるものなのかの証明は、明確な判断方法が確立されていないということもあり、実際のところ困難であると言わざるを得ません。つまり、医師からPTSDと診断されて治療を受けていたとしても、治療費を請求できるとは限らないということです。

PTSDの症状は事故後しばらく経ってから現れることが多く、本人も事故が原因とは気づかない可能性もあります。事故後PTSDの疑いがある場合は速やかに医療機関を受診し、損害賠償請求については弁護士へ相談することをおすすめします。

PTSDの後遺障害等級

PTSDは適切な治療により、通常であれば数カ月程度で回復するものといわれています。しかし中には数年以上回復しないケースもあり、後遺障害として認定される可能性もあります。
交通事故で非器質性精神障害が後遺障害等級に認定されるためには、主に次のような条件があります。

医師による診断

症状固定

事故との因果関係の証明

精神的な障害は回復の見込み時期の予測がしづらく、医師でも症状固定の判断が難しいものです。CTやMRIなどの画像により、脳や神経組織の損傷個所の異常が確認できるわけではないため、事故との因果関係の立証も難しくなります。証明が困難な後遺症だからこそ、PTSDを疑われた時にはお早めに弁護士に相談されることをお勧めいたします。

PTSDなどの非器質性精神障害は9級・12級・14級の後遺障害等級に認定される可能性があります。

非器質性精神障害の後遺障害等級(労災保険)

9級   通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、就労可能な職種が相当な程度に制限されるもの    非器質性精神障害のため、「対人業務につけない」ことによる職種制限が認められる場合
12級 通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、多少の障害を残すもの    非器質性精神障害のため、「職種制限は認められないが、就労に当たりかなりの配慮が必要である」場合
14級 通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、軽微な障害を残すもの    非器質性精神障害のため、「職種制限は認められないが、就労に当たり多少の配慮が必要である」場合

上記後遺障害が認められるためには、精神科医の治療を受けたことそれによって回復しない精神症状が認められること、交通事故により発症したといえること(因果関係)、発症した精神障害による損害の程度などを立証していくことが必要となります。

弁護士にPTSDを相談するメリット

交通事故によるPTSDは、実に多くの法的問題を伴い、その損害賠償請求は非常に複雑になります。とりわけ、PTSDは、医師でさえも判断を迷う分野であり、その後遺障害等級認定を受けることはとても専門的な知識と経験が必要といえます。また、PTSDは、精神的なものということができ、交通事故後の治療や示談交渉などの非常にストレスがかかる中では、ご本人がPTSDに関する適正な損害賠償金を獲得することは到底容易なことではありません。そのような対応については、やはり弁護士に一任し、被害者の方としては、その治療に専念されることが必要というべきと思います。

弁護士は、そのような交通事故のPTSDの対応に長けていますから、交通事故のPTSDでお悩みの方は、一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

当事務所のPTSDへの対応力

当事務所には、現役の医師の弁護士が所属しており、比較的難解な後遺障害とされる「PTSD」についても対応することができます。とりわけ、PTSDによりどのような損害が生じるかなどは、正しい法的及び医学的知見に基づいて客観的資料による主張立証を尽くすことができるかにかかっていますが、当事務所は、元裁判官の弁護士が所属していることなどから、そのようなPTSDにおける損害賠償請求の主張立証活動を得意としています。ご自身ではどのような資料を提出するべきかなどの判断をすることは容易ではなく、その判断を誤れば、適正な賠償金を受けることも難しいというべきでしょう。

当事務所静岡支店は、土日夜間のご相談にも柔軟に応じておりますので、まずは初回の無料相談にてご相談をお聞きいたします。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ(基礎知識編)

関連ページ(後遺障害別編)