弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

後遺障害等級の結果に不満がある

HOME > 後遺障害の結果に不満がある

後遺障害等級認定の重要性

後遺障害等級認定の申請の結果が違うと何が違うのでしょうか。

主に違うのは、後遺症慰謝料と逸失利益です。

後遺症慰謝料

後遺症慰謝料とは、交通事故により後遺障害が残ってしまったことに対する慰謝料をいいます。後遺症慰謝料は、後遺障害の等級によって以下のように大きく金額が変わります。

後遺障害慰謝料は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準のどの基準でも、等級ごとのだいたいの相場が決まっています。3つの基準を比較すると、以下の通りです。

等級 弁護士(裁判)基準 任意保険の慰謝料 自賠責保険の慰謝料
1級 2800万円 1300万円 1100万円
2級 2370万円 1120万円 958万円
3級 1990万円 950万円 829万円
4級 1670万円 800万円 712万円
5級 1400万円 700万円 599万円
6級 1180万円 600万円 498万円
7級 1000万円 500万円 409万円
8級 830万円 400万円 324万円
9級 690万円 300万円 245万円
10級 550万円 200万円 187万円
11級 420万円 150万円 135万円
12級 290万円 100万円 93万円
13級 180万円 60万円 57万円
14級 110万円 40万円 32万円

上記をみると、自賠責基準と任意保険基準はそれほど変わらない金額になりますが、弁護士基準で計算すると、慰謝料額が他の基準の2倍から3倍になっているのが分かります。 任意保険の基準については、各社異なりますので、必ずしもこの表の金額になるとは限りません。しかしながら、金額は弁護士基準が一番高いのは明白です。

逸失利益

逸失利益とは、交通事故に遭っていなければ得ることができたはずの収入等をいいます。後遺障害が残ってしまうことで、仕事が出来なくなるとか、仕事に不自由が生じてしまったりしますが、このような不利益を金銭的に評価したものが逸失利益といえます。

逸失利益の金額は、後遺障害が残り続ける期間や後遺障害により失われる仕事の能力の程度(労働能力喪失率)などにより計算されます。後遺障害等級が重いほどこれらの数字は大きくなり、逸失利益の金額も大きくなることになります。

労働能力喪失率は、後遺障害等級が異なると、一般的には以下のように変わります。

1級 2級 3級 4級 5級 6級 7級
100% 100% 100% 92% 79% 67% 56%
8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級
45% 35% 27% 20% 14% 9% 5%

このように、後遺障害等級が違うと、後遺症賠償金や逸失利益の金額が大きく変わってきますので、後遺障害等級は非常に重要なものです。

後遺障害等級の認定について

後遺障害の各等級の認定や非該当の判断は、損害保険料率算出機構が行うことになっていますが、その審査は、原則として書面によってなされます。そのため、適正な認定を受けるためには、後遺障害診断書などの必要な資料提出のみならず、その資料の細かい記載にまで気を配ることが大切です。

もし、医療の知識や法的な知識がないままに後遺障害認定の申請手続きを進めてしまうと、不本意な結果につながりかねませんので、後遺障害が気になる方は、必ず弁護士にご相談されることが大切です。

異議申立

後遺障害等級の認定結果に納得された場合には、その結果を前提に加害者側と交渉を開始することになります。一方、後遺障害等級の認定結果に不満がある場合は、上記のような後遺症慰謝料のこともありますので、簡単にあきらめることなく、しっかりとした認定を受けられるよう対応していくことが大切です。

後遺障害の等級認定に該当しなかった場合(非該当)や認定された等級に不満がある場合には、「異議申立」という、その認定を覆すための手続きを取ることができます。もっとも、当初の認定を覆すためには、認定の誤りを指摘し、それを裏付ける医学的な資料を提出しないと、再び同じ判断がなされてしまうことになります。

後遺障害等級の認定に不服がある場合には、必ず弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ