弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故により死亡した被害者(3歳・男・幼児)の慰謝料等を判断した裁判例

HOME 死亡事故の裁判例 >交通事故により死亡した被害者(3歳・男・幼児)の慰謝料等を判断した裁判例

交通事故により死亡した被害者(3歳・男・幼児)の慰謝料等を判断した裁判例

死亡による慰謝料

死亡による慰謝料について、わずか3歳で人生を終えなければならなかった被害者の無念さ等にかんがみ、被害者の死亡慰謝料として2000万円が認められた。
遺族の慰謝料として、我が子の死を眼前にしなければならなかった絶望や衝撃、幼子を守れなかったという思いから生涯解放されることはないであろう心痛等を考慮し、被害者の母に300万円、被害者の兄に200万円の固有の慰謝料が認められた。

加害者側の過失

宅配会社宅配人(加害車運転者)が配達時に、被害者(3歳・男・幼児)に荷を受け取らせた後、駐車場内で加害車(事業用普通貨物自動車、宅配便配達車)前方にいた被害者を轢過し死亡させた事故において、本件事故当日宅配便の配達があることを認識しながら入浴した被害者の母が、被害者らに対し配達が来た場合の対処等の指示を怠ったことを被害者側の過失として斟酌すべきとの加害者側の主張につき、加害車運転者が被害者の母が入浴中で対応できないと知りながら、幼児である被害者に被害者宅の鍵を解錠させ、加害車運転者の配達を遂行させるべく対応させたのであるから、加害車運転者が被害者の安全に配慮すべき義務を引き受けたというべきであるなどとして、被害者側の過失の斟酌が認められなかった事例。