弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故により後遺障害等級4級(左大腿部切断)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時23歳・洋品販売接客業)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

HOME 後遺障害の裁判例 >交通事故により後遺障害等級4級(左大腿部切断)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時23歳・洋品販売接客業)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

交通事故により後遺障害等級4級(左大腿部切断)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時23歳・洋品販売接客業)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

後遺障害慰謝料

被害者の後遺障害の状況に照らすと、後遺障害慰謝料として1550万円を認めるのが相当であるとした。

後遺障害による逸失利益

被害者は本件事故後も従前と同じ会社で働き、事故前に比べて月当たり1万円以上収入は増加しているものの、事故後、店長から店員に降格となっており、ほぼ立ちづめの仕事であることから考えると、給料の維持・増加は被害者の不断の努力及び経営者の温情によるところが大であると考えられ、同じ職場でいつまでも働くことができるとの保証はなく、転職・再就職先を見つけるのは困難であることも十分予想されること等の事実に照らすと、現実に収入減のないことを考慮せず、67歳までの44年にわたり、労働能力を92%喪失したと認めるのが相当であるから、後遺障害による逸失利益は4808万3284円とした。

弁護士からのコメント

症状固定時23歳の男性が被害者の事例です。本件事故後も、被害者は事故前とほぼ同等の給与を支給されていますが、経営者の温情と、被害者の不断の努力によるもので、今後も勤務を継続できるかは不確実であって、転職も困難であることから、減収がなくとも労働能力を喪失していることを認めた裁判例です。