弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

交通事故により後遺障害等級併合9級(右膝動揺、右股関節の機能障害)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時38歳・鳶工事業経営)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

HOME 後遺障害の裁判例 >交通事故により後遺障害等級併合9級(右膝動揺、右股関節の機能障害)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時38歳・鳶工事業経営)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

交通事故により後遺障害等級併合9級(右膝動揺、右股関節の機能障害)の後遺症を負った被害者(男性・症状固定時38歳・鳶工事業経営)の後遺障害慰謝料等を判断した裁判例

後遺障害慰謝料

本件交通事故により後遺障害等級併合9級の後遺障害を受けているから、その後遺障害慰謝料としては、690万円が相当であるとした。

後遺障害による逸失利益

被害者は本件事故当時、鳶工事業等を営む被害者会社の代表取締役でありながら、自らも鳶職人として作業に従事しているところ、本件事故により鳶職としての稼働が不可能になり、その分人件費がかさむ等会社の営業にも影響を及ぼしていること、現在7名の従業員を抱えていることから、被害者が会社をたたみ他の仕事を探すのは容易でないことに鑑み、就労可能年数67歳までの29年間、40%の労働能力を喪失するものとし、後遺障害による逸失利益を4440万5524円とした。

弁護士からのコメント

自営業の鳶職の男性が被害者の事例です。後遺障害による逸失利益の算定に当たって、後遺障害等級9級の労働能力喪失率の基準が35%であるところ、本件裁判例では、それを上回る40%の喪失率を認めました。経営者でありながら、自らも作業に従事していたことや、鳶職として稼働することが不可能になったため、その分人件費がかさんだり鉄骨組立ての仕事ができなくなったことなど、会社の営業にも影響を与えているといった事情を具体的に考慮した裁判例です。