弁護士法人 TLEO虎ノ門法律経済事務所 静岡支店 交通事故被害者相談

054-204-5620 24時間WEB予約

14級のむち打ちの詳細

HOME > むち打ち>14級のむち打ちの詳細

14級のむち打ちの詳細

むち打ちと14級9号

むち打ちの症状が治療を6か月以上継続しても残る場合には、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号の後遺障害等級が認定されることがあります。ここでは、どのような場合にむち打ちが14級の後遺障害とされるかについて詳しく解説します。

むち打ちが14級9号の認定を受ける場合

後遺障害等級の認定は、損保料率機構調査事務所の検討を経ることになりますが、同所が公表している14級9号の認定要件は次のようになります。

「神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、受傷時の状態や治療の経過などから連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの」

そのままでは難解な表現にはなりますが、これを非常に簡単に説明すれば、医学的な客観的証拠がないとしても本人が申告している症状が嘘ではない(詐病ではない)といえるかどうかが問題とされているといえます。

そもそもむち打ちが14級の後遺障害として認められる場合とは、医学的な証明ができない場合になります。したがって、医師からすると、患者が申告している痛みなどの症状が本当であるのか嘘であるのか分からない状況になります。
しかしながら、医学的な証明ができないとしても、現在の医学的検査により証明ができないに過ぎないことがあるため、一定の場合には本人の申告している症状が嘘ではないものとして、それを後遺障害として評価しているといえます。

具体的な要件

このように、14級9号の認定は、本人の申告に依拠して判断されることになるため、通院の頻度や事故の態様などの様々な事情から、本人の申告が嘘ではないといえるかを判断することが必要になります。たとえば、本当に痛みがあるのであれば、事故から合理的な期間内にはMRIの検査を受けるとか、週2回程度は通院するものではないかなどの経験則から判断されます。つまり、通常期待される患者としての行動がなされているかがとても大事になります。

弁護士に相談を!

このような通常期待される患者としての行動といわれても、実際には、どのような行動が期待されているのか判断しようがない方がほとんどではないかと思います。結果として、医師に任せきりになって、後遺障害等級の判断という意味では、不十分な治療になってしまうことも非常に多いです。このようなことを防ぐためには、後遺障害等級の認定手続きに長けた弁護士に相談されることが有効です。むち打ちでお困りの方は、まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

よくある質問

詳しくはこちら

関連ページ(基礎知識編)

関連ページ(後遺障害別編)